眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> スズメ目(Passeriformes)
>> ムクドリ科(Sturnidae) >> ムクドリ属(Sturnus)

ホシムクドリ (European Starling)

Sturnus vulgaris

ホシムクドリ (European Starling)

2010.4.3. カナダ/オンタリオ州/トロント/キングミルズパーク

分布:ヨーロッパ東部、ロシア(西部)、アフリカ大陸(地中海沿岸)、中央アジア、カナダ(移入)、アメリカ合衆国(移入)、オーストラリア(南東部に移入)、南アフリカ(移入)

カナダへ来て初めて目にした鳥がホシムクドリだったと思う。
黒光りした小さな鳥の群れが芝生で餌をついばんでいた。
日本ではごく少数が冬鳥として渡来するらしく、バーダーには人気の鳥のようだ。
しかし、北米では最も嫌われている鳥と言っても過言ではない。
元々アメリカ大陸にいなかったこの鳥が、1890年代にヨーロッパから持ち込まれ、NYのセントラルパークで放鳥された。
そのときに放鳥された100羽が100年後にはアメリカ合衆国全土、メキシコ北部、カナダの南半分にまで広がり、その数は2億匹と推定されている。
加えてビルの隙間などに営巣し、騒音・糞害の他、農作物への食害などのさまざまな問題を引き起こす。
原産地はヨーロッパだが、 北米の他にオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカにも移入され問題となっており、国際自然保護連合(IUCN)の 世界の侵略的外来種ワースト100(100 of the World's Worst Invasive Alien Species)に指定されている。
と、ここまでいかにホシムクドリが嫌われものであるかを力説したが、筆者自身はひそかなホシムクドリ愛好家だ。
決してきれいな姿ではなく、むしろ汚らしい姿なのだが、なぜか見ていると自然と笑顔になってしまう。
人を恐れないので至近距離で観察できるからかもしれない。
光線の具合によっては七色に光るとても美しい鳥に変身する。
上の写真は曇りの日にとらえた美しいホシムクドリの姿。直射日光下ではギラついてしまってこのような色にはならない。

非繁殖期のホシムクドリ

2009.10.7. カナダ/オンタリオ州/トロント/トミートンプソンパーク

■非繁殖期のホシムクドリ

9月から翌年2月までの非繁殖期には、写真のように体に白斑が現れる。
日本でこの鳥が見られるのは冬期だけなので、ホシムクドリと言えばこの姿。和名のホシムクドリにも納得できる。

芝生で餌を探すホシムクドリ

2009.5.22. カナダ/オンタリオ州/トロント/ノースヨーク 

■芝生で餌を探すホシムクドリ

芝生で一生懸命餌を探すホシムクドリを観察していると、自然と笑顔になってくる。
他の鳥と比べると、いかにも不器用で頭が悪そうな動き。思わず話しかけたくなる。
やっかいものの鳥だとは思えないかわいらしい姿。

木に止まったホシムクドリの群れ

2009.8.30. カナダ/オンタリオ州/トロント/トロント動物園 

■木に止まったホシムクドリの群れ

場所によっては大集団になるらしいが、トロントではそれほど大きな群れを見かけることはない。
写真のように木の高いところに止まり、周りを注意深く見張りながら休んでいる姿をよく見かける。

水浴びをするホシムクドリの幼鳥

2009.6.3. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク 

■水浴びをするホシムクドリの幼鳥

幼鳥の羽色はグレーで、一見別の種と見間違えるほど成鳥と姿が異なる。
6月の晴れた日、川に下りた幼鳥がカメラに気付かず気持ちよさそうに水浴びをしていた。

子供に餌を与える親鳥

2010.5.16. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク 

■子供に餌を与える親鳥

幼鳥がいると思って観察していると、親鳥が虫をくわえて飛んできた。手前の幼鳥は親と変わらないくらい大きな体をしている。

サボテンに営巣するホシムクドリ

2010.4.15. アメリカ合衆国/アリゾナ州/グレンデール/ サンダーバード国際経営大学院 

■サボテンに営巣するホシムクドリ

アメリカ南部アリゾナ州グレンデールで、ベンケイチュウに営巣するホシムクドリをみつけた。
冬季は-20℃にもなるカナダから、灼熱の砂漠にまで生息するホシムクドリの驚異的な適応能力の高さがうかがい知れる。

ホシムクドリの若鳥

2009.8.11. アメリカ合衆国/ワシントンDC/ラファイエットスクエア 

■ホシムクドリの若鳥

若鳥の頭部はグレーをしている。
地味な鳥ながら、ステージや時期によってさまざまバリエーションがある。

繁殖期のホシムクドリ

2010.4.10. カナダ/オンタリオ州/トロント/ノースヨーク 

■繁殖期のホシムクドリ

繁殖期の羽毛は脂で覆われ、さまざまな色に光る。
基本は紺色~深緑だが、光の具合によっては紫やピンク色になる。

さえずるホシムクドリ

2014.1.29. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/フォスターシティ 

■さえずるホシムクドリ

どこかで鳥がさえずっているなと思ったらホシムクドリのさえずりだった。
2014年にカリフォルニア州に行った時のこと 。
北米ではどこでも見られる害鳥だが、4年ぶりに見たホシムクドリはとても美しく感動してしまった。

 

眼遊記

383 Foster City ~サンフランシスコ湾の鳥~
049 Colonel Samuel Smith Park ~カイツブリの巣~
048 Colonel Samuel Smith Park ~春の小鳥たち~
041 Thunderbird School ~初アリゾナ~
040 Derrydowns Park ~近所をブラブラと~
039 Colonel Samuel Smith Park ~カイツブリのいる公園~
038 Dicovery Walk ~4時間のハイキング~
024 High Park ~水鳥はどこへ?~
014 E.T. Seton Park ~紅葉がピーク~
013 Tommy Thompson Park ~ついに潜入!~
011 Toronto Island ~今度こそ野鳥の会~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。