眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> ペリカン目(Pelecaniformes)
>> ヘビウ科(Anhingidae) >> ヘビウ属(Anhinga)

アメリカヘビウ (Anhinga)

Anhinga anhinga

アメリカヘビウ (Anhinga)

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園

分布:アメリカ合衆国(メキシコ湾沿岸)、メキシコ、中央アメリカ、南アメリカ大陸
地方名:Snakebird(アメリカ合衆国)

アメリカヘビウはウ科の鳥によく似ているが、ヘビウ科という科に属する鳥だ。
首が細長く、水面から首だけを出して泳ぐ姿がヘビに似ていることから名づけられた。
英名にも別名でSnakebirdというのがある。
それにしても英名のAnhingaというのはどういう意味だろうか。
学名もAnhinga anhinga
英名が学名になったのか、学名が英名になったのかよくわからないが、英語らしくない不思議な響きだ。
アメリカヘビウはアメリカ合衆国のメキシコ湾沿いから南アメリカ大陸の東部にかけて生息する。
水中に潜水し、長いくちばしで魚を突いて捕らえる。
羽毛は他の水鳥と異なり水を弾かないため、濡れた体を乾かしている姿をよく見かける。
潜水する鳥にとっては不利のようだが、羽毛が空気を含まないおかげでより長く、より深く水中に潜ることができる。

アメリカヘビウの雄

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■アメリカヘビウの雄

アメリカヘビウの雄はくちばし以外が黒くなる。
一方幼鳥、雌は首から上が茶色い。

羽を乾かすアメリカヘビウ

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■羽を乾かすアメリカヘビウ

木の上で羽を乾かしているアメリカヘビウ。
翼を広げて翼を乾かす姿はウ科の仲間と良く似ている。

羽の手入れをするアメリカヘビウ

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■羽の手入れをするアメリカヘビウ

こちらのアメリカヘビウは羽の手入れをしていた。
潜水をする彼らにとって羽のメンテナンスはかかせないようだ。

遠くからでも分かるアメリカヘビウのシルエット

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■遠くからでも分かるアメリカヘビウのシルエット

細長いくちばしと小さな頭、そして長い尾羽。
特徴を頭に入れると遠くからでも簡単に見分けがつく。

 

眼遊記

108 Brazos Bend State Park ~ワニの楽園~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。