眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> ペリカン目(Pelecaniformes)
>> ウ科(Phalacrocoracidae) >> ウ属(Phalacrocorax)

ナンベイヒメウ (Neotropic Cormorant)

Phalacrocorax brasilianus

ナンベイヒメウ (Neotropic Cormorant)

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/ボリバーペニンシュラ

ナンベイヒメウは和名が示すとおり、南米からメキシコにかけて生息するウの仲間だ。
北米にはミミヒメウという良く似た種が生息しており、テキサス州やメキシコなどでは生息域が重なるので注意が必要だ。
テキサス州ボリバーペニンシュラのフェリー乗り場で休憩している本種を見かけた。
見た目、行動ともに日本のカワウ、トロントのミミヒメウとそっくり。

潜水から上がってきたナンベイヒメウ

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/ボリバーペニンシュラ 

■潜水から上がってきたナンベイヒメウ

ナンベイヒメウは潜水して魚などを捕食するハンター。
水を弾く羽毛や太くて大きな水かきなど、潜水に適した体になっている。

ナンベイヒメウの若鳥

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/ボリバーペニンシュラ 

■ナンベイヒメウの若鳥

休憩中の若鳥。
頭部から胸部にかけて色が薄い。
大きな水かきを上手に使って鉄板にとまっている。

ナンベイヒメウの特徴

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/ボリバーペニンシュラ 

■ナンベイヒメウの特徴

ミミヒメウによく似るナンベイヒメウだが、顔を見ると見分けることができる。
ミミヒメウは眼から鼻にかけての部分が黄色くなるが、ナンベイヒメウは黒くなる。
この個体は若鳥なので明瞭ではないが、成鳥になるとくちばしの黄色い部分の境目が白く縁取られる。

 

眼遊記

107 Galveston Island State Park ~湿地に潜入できず~
106 Bolivar Peninsula ~ペリカンだらけ~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。