眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 軟骨魚綱(Chondrichthyes) >> トビエイ目(Myliobatiformes)
>> アカエイ科(Dasyatidae) >> アカエイ属(Dasyatis)

アカエイ (Red Stingray)

Dasyatis akajei

アカエイ (Red Stingray)

<57.0cm・体盤幅29.0cm・メス> マス網 2005.7.14. 島根県/松江市/富士見町/中海

分布:日本(全国)、韓国、台湾、中国(渤海・黄海・東シナ海・南シナ海沿岸)、タイ <水深3m~780mの砂底域 汽水~海水性>

アカエイは日本の沿岸でもっともよくみられるエイの仲間。
それほど赤くないのにアカエイという名前に若干違和感を覚えるが、英名もRed Stingrayとなっている。学名の akajei は恐らく「アカエイ」のこと。
アカエイは通常我々が認識している魚のグループとは異なり、軟骨魚綱というサメ・エイのグループに属する。この仲間は骨が軟骨でできているのが最大の特徴だ。またこのグループは浸透圧を海水に合わせるために体内に尿素を蓄積している。死ぬと尿素が分解されて強いアンモニア臭がすることで知られる。
冷蔵、輸送機能がなかったころは、腐りにくい性質を逆に利用して、山間部で食べることのできる貴重な海水魚として利用されていた。
アカエイは軟骨魚類の中でも比較的アンモニア臭は少なく、食べやすい魚。
から揚げや煮つけ、エイヒレなどにして賞味される。
ムチのような尾部には鋭い剣状の棘が1~2本ある。これには毒があり、刺されると強烈な痛みに襲われる。オーストラリアでは「クロコダイルハンター」ことスティーブ・アーウィン氏が巨大アカエイを捕まえようとして胸を刺され、死亡した例もあるので注意が必要だ。

アカエイの眼と噴水孔

<57.0cm・体盤幅29.0cm・メス> マス網 2005.7.14. 島根県/松江市/富士見町/中海  

■アカエイの眼と噴水孔

アカエイの眼とその横にある噴水孔。
噴水孔は呼吸するために水を出し入れするために使われる。

アカエイの眼と噴水孔

<57.0cm・体盤幅29.0cm・メス> マス網 2005.7.14. 島根県/松江市/富士見町/中海  

■アカエイの体表

アカエイの体表の一部は小さな棘で覆われている。
サメ・エイの仲間には鱗がない。

アカエイの毒棘

<57.0cm・体盤幅29.0cm・メス> マス網 2005.7.14. 島根県/松江市/富士見町/中海  

■アカエイの毒棘

アカエイの尾には長い毒棘があり、これに刺されると激痛に襲われるという。
この毒は魚が死んでも残るため、漁師は漁獲したアカエイの毒棘をすぐに取り除く。尾ごと切り落とす場合もある。
写真のように鋭い上に、返しがついている。水から揚げられたアカエイはムチのように尾を振り回すため、棘の側面に当たっただけでもスパッと切れてしまう。

アカエイの若魚

<42.5cm・体盤幅20.4cm・メス> マス網 2005.6.8. 島根県/出雲市/斐川町/宍道湖  

■アカエイの若魚

アカエイの若魚。
若い方がより赤味が強い。
アカエイは汽水域にも侵入し、塩分が海水の1/10程度の宍道湖でもよくみられる。

アカエイの腹面

<42.5cm・体盤幅20.4cm・メス> マス網 2005.6.8. 島根県/出雲市/斐川町/宍道湖  

■アカエイの腹面

アカエイの腹面。
口の上にあるのは鼻穴。
水族館ではアカエイが水槽側面にはりついて泳ぐことも多く、子供にとっては面白い顔に見えるので人気がある。
鰭の腹面が黄色くなっているのがアカエイの特徴。

アカエイの総排出腔

<42.5cm・体盤幅20.4cm・メス> マス網 2005.6.8. 島根県/出雲市/斐川町/宍道湖  

■アカエイの総排出腔

アカエイの総排出腔。
肛門と生殖口の両方の機能を持つ。
オスには2つの交尾器があり、クラスパーと呼ばれる。これはよく目立つので雌雄の見分けには困らない。
アカエイは交尾し、メスは子供を出産する卵胎生。

アカエイの若魚

<36.0cm・体盤幅18.0cm・メス> 釣り 2004.5.29. 鳥取県/境港市/弥生町/境水道  

■アカエイの若魚

アカエイの若魚。

アカエイの腹面

<36.0cm・体盤幅18.0cm・メス> 釣り 2004.5.29. 鳥取県/境港市/弥生町/境水道  

■アカエイの腹面

アカエイの腹面は端が黄色くなっているのが特徴。

大アカエイ

<116.0cm・体盤幅57.0cm・8.8kg・メス> マス網 2006.11.7. 島根県/松江市/手角町/中海本庄工区  

■大アカエイ

全長116cm、重量8.8kgの大型アカエイ。

大アカエイの毒棘

<116.0cm・体盤幅57.0cm・8.8kg・メス> マス網 2006.11.7. 島根県/松江市/手角町/中海本庄工区  

■大アカエイの毒棘

大きなアカエイには毒棘が2本あることもある。

大アカエイ

<116.0cm・体盤幅57.0cm・8.8kg・メス> マス網 2006.11.7. 島根県/松江市/手角町/中海本庄工区  

■大アカエイ

大アカエイ。
人と比べるとその大きさがよく分かる。

水中のアカエイ

水深2.0m 2008.7.23. 島根県/松江市/馬潟町/大橋川 

■水中のアカエイ

水中のアカエイ。
底をはうように泳ぐ。

漁獲されたアカエイ

マス網 2005.7.19. 島根県/松江市/富士見町/中海  

■漁獲されたアカエイ

漁獲された大型のアカエイ。

アカエイの煮つけ

2005.7.22. 島根県産  

■アカエイの煮つけ

アカエイの煮つけ。
新鮮なアカエイを調理すれば、臭いは全く気にならない。
たくさんの煮こごりもできるので、身といっしょにいただく。

アカエイの煮つけ

2005.7.22. 島根県/松江市  

■アカエイの煮つけ

アカエイの身の断面。
繊維状になっているのが分かる。
身の間には軟骨があり、独特の食感がする。

 

写真提供

ザ!鉄腕!DASH!!日本テレビ
この差って何ですか?TBSテレビ
宍道湖と中海の魚たちボードゲーム
宍道湖と中海の魚たち
2017年3月26日
2017年1月10日
P68,P69

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。