眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 爬虫綱(Reptilia) >> 有鱗目(Squamata)
>> ナミヘビ科(Colubridae) >> ナメラ属(Elaphe)

ジムグリ (Japanese Forest Ratsnake)

Elaphe conspicillata

ジムグリ (Japanese Forest Ratsnake)

2014.4.19. 島根県/松江市/美保関町/美保関燈台

分布:日本(全国)

ジムグリと変わった名前の蛇だが、漢字で書くと地潜。
地面によく潜る性質からつけられた名前のようだ。
若い個体は赤と黒のまだら模様で、いかにも毒がありそうな雰囲気。しかしこのヘビには毒はなくおとなしいヘビとされている。
初めてジムグリを見つけたのは島根県美保関町の山道で。道を塞ぐように横たわっていた。
近づくと体を丸めて噛み付いてきたので、攻撃的な個体も中にはいるのだろう。
子供の頃に赤と黒のヘビを見て、毒蛇に違いないと恐れて逃げたことがあったが、今思うとこのジムグリだったのかもしれない。
日本固有種であり、世界的に希少なヘビ。

ジムグリ

2014.4.19. 島根県/松江市/美保関町/美保関燈台

■ジムグリ

ジムグリの全身。
艶があり、ぬるっとしていそうな見た目だ。
実際には鱗で覆われて乾燥している。

道を塞ぐジムグリ

2014.4.19. 島根県/松江市/美保関町/美保関燈台

■道を塞ぐジムグリ

山道を歩いているとジムグリが道を塞いでいた。
日光浴をしていたのだろう。

逃げていくジムグリ

2014.4.19. 島根県/松江市/美保関町/美保関燈台

■逃げていくジムグリ

噛み付こうと攻撃したあと、ダメだと思ったのか逃げ出したジムグリ。

 

眼遊記

513 宍道湖自然館ゴビウス ~4年ぶりのゴビウス~
400 美保関燈台 ~親父と鳥撮り2日目~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。