眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 爬虫綱(Reptilia) >> カメ目(Testudines)
>> スッポン科(Trionychidae) >> キョクトウスッポン属(Pelodiscus)

ニホンスッポン (Chinese Softshell Turtle)

Pelodiscus sinensis

ニホンスッポン (Chinese Softshell Turtle)

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産

分布:日本(本州以南)、ロシア(シベリア東南部)、韓国、台湾、ベトナム、中国
地方名:すっぽん(全国)

日本にはスッポンの仲間が1種だけ生息している。その名もニホンスッポン。
日本人はスッポンと聞くと、真っ先に食材としてのイメージを思い浮かべるのではないだろうか。
古くから食用とされている亀で、味も非常によい。滋養強壮によいとされるので栄養補助食品として利用されていることも多い。
ニホンスッポンは甲に鱗板という硬い組織を持たず、柔らかい皮膚で覆われている。亀の甲羅は硬いと思い込んでいると、本種を触ったときにびっくりするだろう。
非常に臆病で、物音を聞くとすぐに逃げてしまうのだが、いざ捕まると獰猛で、長い首を伸ばして咬み付いてくる。その獰猛さは「咬みつくと雷が鳴るまで離さない」と例えられるほどだ。

ニホンスッポンの甲羅

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの甲羅

楕円形の甲羅を持つものが多い亀の仲間でも、本種は真円に近い甲を持っている。
鱗板を持たず、表面は柔らかい皮膚でおおわれている。

ニホンスッポンの腹面

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの腹面

ニホンスッポンの腹面。
腹面に模様はなく、淡い黄色をしている。
尾は非常に短い。

ニホンスッポンの顔

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの顔

ニホンスッポンの顔。
いかにも獰猛そうな顔つきだ。

ニホンスッポンに割りばしを咬み付かせてみた

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンに割りばしを咬み付かせてみた

ニホンスッポンに割りばしを咬み付かせてみた。
咬み付くと瞬時に首を引っ込めようとする。
咬む力は非常に強い。

ニホンスッポンに割りばしを咬み付かせてみた

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンに割りばしを咬み付かせてみた

割りばしに咬み付いたまま首を引っ込めるニホンスッポン。
咬み付きと首を引っ込めるという動作を瞬時にセットで行うため、咬み付かれると骨をやられるというよりも、肉をそぎ取られそうだ。
ちなみに雷が鳴らなくても離してくれる。

ニホンスッポンに割りばしを噛み付かせてみた

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの歯

ニホンスッポンの歯はクチバシ状で犬歯はない。
しかし肉をそぎ取るには都合のいい形状。

ニホンスッポンの顔

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの顔

ニホンスッポンの顔。
鼻が前に伸び、呼吸しやすい形状になっている。

ニホンスッポンの鼻の穴

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの鼻の穴

ニホンスッポンの鼻の穴。
まるで豚鼻だ。

ニホンスッポンの長い首

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの長い首

通常首を伸ばすことはないが、敵に噛み付くときや身体がひっくり返ったときには長い首を伸ばす。

ニホンスッポンの長い首

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの長い首

通常首を伸ばすことはないが、敵に噛み付くときや身体がひっくり返ったときには長い首を伸ばす。

ニホンスッポンの長い首

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの長い首

通常首を伸ばすことはないが、敵に噛み付くときや身体がひっくり返ったときには長い首を伸ばす。

ニホンスッポンの長い首

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの長い首

通常首を伸ばすことはないが、敵に噛み付くときや身体がひっくり返ったときには長い首を伸ばす。

ニホンスッポンの爪

<甲長21.0cm 800g 購入> 2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンの爪

ニホンスッポンの爪。
水中生活に適応しているので足は平たく幅が広い。

ニホンスッポンの幼体

<幼体> 2004.6.4. 山口県/佐波川産 

■ニホンスッポンの幼体

ニホンスッポンの幼体。
甲羅は成体よりも真円に近い。

ニホンスッポンの幼体

<幼体> 2004.6.4. 山口県/佐波川産 

■ニホンスッポンの幼体

ニホンスッポンの幼体。
よく見ると眼状班が点在している。

ニホンスッポンの幼体

<幼体> 2004.6.4. 山口県/佐波川産 

■ニホンスッポンの幼体

ニホンスッポンの幼体。
幼体の頃からすでに長い鼻を持っている。

すっぽん鍋

2016.9.10. 島根県産 

■すっぽん鍋

購入したニホンスッポンを捌いてすっぽん鍋に挑戦した。ニホンスッポンは何といっても鍋が最高だ。
とてもいい出汁が出て、肉も非常に美味。
例えるならば鶏肉だ。

ニホンスッポンのエンペラ

2016.9.10. 島根県産 

■ニホンスッポンのエンペラ

ニホンスッポンの甲羅の縁は柔らかく、エンペラと呼ばれる。これを煮込むと写真の様にふにゃふにゃになり、食べる事ができる。
これは触感を楽しむもので、エンペラ自体に味はない。

 

眼遊記

543 Haifeng ~中国のスッポン~
530 島根県産 ~マンボウとスッポンを買ってしまった~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。