眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 軟体動物門(Mollusca) >> 頭足綱(Cephalopoda) >> ツツイカ目(Teuthida )
>> ヤリイカ科(Loliginidae) >> アオリイカ属(Sepioteuthis)

アオリイカ (Bigfin Reef Squid)

Sepioteuthis lessoniana

アオリイカ (Bigfin Reef Squid)

<シロイカ型 外套長11.0cm> 釣り 2003.9.26. 島根県/松江市/島根町

分布:日本(本州以南)、韓国、中国、台湾、香港、フィリピン、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、インド、スリランカ、パキスタン、サウジアラビア <海水域>
地方名:みずいか(島根県・長崎県)、しるいちゃー(沖縄県)、あかいちゃー(沖縄県)、くあいちゃー(沖縄県)

筆者の住む島根県では様々なイカが釣りで釣る事ができる。スルメイカソデイカカミナリイカヤリイカ、ケンサキイカなど。中でもアオリイカは最も釣り人口が多く、シーズンになると波止場にアオリイカ釣り師がずらっと並ぶほどだ。美味しいからというのもあるが、その人気はエギというエビに似せた疑似餌で釣るゲーム性によるものだろう。
アオリイカには3つの型があり、それぞれ「シロイカ」「アカイカ」「クワイカ」と呼ばれる。これは沖縄で区別されていたものなのだが、研究の結果別種とみなされている。まだ学名がないので1種となっているが、つけられた時点で正式に別種になるだろう。本州でみられるのはこの中の「シロイカ」型。沖縄では先述の通り3つの型がみられる。
本種は大きな群れを作らないためか、スルメイカやケンサキイカなどの様に大量にスーパーで販売されている姿は見かけない。価格は非常に高価だ。
味は非常に良く、刺身や一夜干しが美味い。特にアオリイカの一夜干しを焼いたものは絶品。
島根県では8月頃から幼生が沿岸に姿を見せ、大きくなりながら11月終わりまで釣る事ができる。その後ぱったりと見かけなくなるが、5月に再び大型の個体が沿岸に戻ってくる。
アオリイカの寿命は1年。5月に沿岸に来る大型の個体は産卵のためで、孵化した幼生は餌を食べて大きくなりながら北上していく。春になるとすっかり大きくなったものが再び南下してくる。

生時のアオリイカ

<シロイカ型 外套長11.0cm> 釣り 2003.9.26. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの体色変化

釣り上げたばかりの生きているアオリイカ。
上のメイン写真と、この写真、下の写真の3枚は実は同じ個体。アオリイカは体表の色素胞を大きくしたり小さくしたりすることによって瞬時に体色を変化させることができる。

生時のアオリイカ

<シロイカ型 外套長11.0cm> 釣り 2003.9.26. 島根県/松江市/島根町 

■生時のアオリイカ

釣り上げたばかりの生きているアオリイカ。
上のメイン写真と、上の写真、この写真の3枚は実は同じ個体。アオリイカは体表の色素胞を大きくしたり小さくしたりすることによって瞬時に体色を変化させることができる。

生時のアオリイカ

<シロイカ型> 釣り 2006.11.4. 島根県/松江市/島根町 

■生時のアオリイカ

釣り上げたばかりの生きているアオリイカ。
眼の周りが美しい緑色になっているのもアオリイカの特徴だ。

アオリイカの身体

<シロイカ型 外套長14.0cm> 釣り 2012.11.16. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの身体

アオリイカの鰭(属にいうエンペラ)は胴の全長にあり、独特の楕円形のシルエットをしている。
その為、他のイカと簡単に見分ける事ができる。

アオリイカの眼

<シロイカ型 外套長14.0cm> 釣り 2012.11.16. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの眼

アオリイカの眼の周りは美しい緑色をしている。

生時のアオリイカ

<シロイカ型> 釣り 2001. 島根県/松江市/島根町 

■生時のアオリイカ

釣り上げたばかりの生きているアオリイカ。

生時のアオリイカ

<シロイカ型> 釣り 2001. 島根県/松江市/島根町 

■生時のアオリイカ

釣り上げたばかりの生きているアオリイカ。

大型のアオリイカ

<シロイカ型 49.0cm 外套長28.0cm> 購入 2011.6.4. 島根県/松江市/島根町 

■大型のアオリイカ

産卵のため、再び山陰地方へやってきた大型のアオリイカ。ここまで大きくなるのにたったの1年しかかかっていない。
いくらアオリイカといえども、ここまで大きくなると身が硬く、味も良くない。

アオリイカの色素胞

<シロイカ型 49.0cm 外套長28.0cm> 購入 2011.6.4. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの色素胞

アオリイカの体表にある色素胞。アオリイカ自体が死んでしまっていても、体表の色素胞はしばらく生きている。
この一つ一つが大きくなったり、点のように小さくなったりすることができ、体色を変化させることができる。

アオリイカの軟甲

<シロイカ型 49.0cm 外套長28.0cm> 購入 2011.6.4. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの軟甲

アオリイカの身体には写真のような透明な軟甲がある。

アオリイカの顎板

<シロイカ型 49.0cm 外套長28.0cm> 購入 2011.6.4. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの顎板

アオリイカの口にある顎板。属にカラストンビと呼ばれている。これは上顎板と下顎板の2枚からできていて、それぞれがカラスとトンビに似ていることから。

アオリイカの顎板

<シロイカ型 49.0cm 外套長28.0cm> 購入 2011.6.4. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの顎板

アオリイカはこの口で獲物を食いちぎって食べる。
アオリイカを釣るときに、餌のマアジがかじられている様子を見ると、相当強い力であると思われる。
アオリイカは決まってマアジの頭部の付け根、人間でいうと首の後ろを狙って噛み付いてくる。

アオリイカの眼にある水晶体

<シロイカ型 49.0cm 外套長28.0cm> 購入 2011.6.4. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの眼にある水晶体

まるで宝石のように美しいこの物体は、水晶ではなくアオリイカの眼の中にある水晶体。
イカやタコの眼は我々脊椎動物の眼と同じくカメラ眼という構造をしている。カメラ眼というのは写真を撮るカメラの様な仕組みで物をみるため。カメラのレンズに当たる部分が写真の水晶体となる。

アオリイカの幼生

<シロイカ型> 2014.7.30. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの幼生

生まれて1、2ヶ月のアオリイカの幼生。
透きとおった身体とオレンジ~緑色の眼がとても美しい。あまりの美しさに夢中で写真を撮った。

アオリイカの幼生

<シロイカ型> 2014.7.30. 島根県/松江市/島根町 

■アオリイカの幼生

生まれて1、2ヶ月のアオリイカの幼生。
透きとおった身体とオレンジ~緑色の眼がとても美しい。あまりの美しさに夢中で写真を撮った。

水中のアオリイカ

水深 2m 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■水中のアオリイカ

石垣島の海でみたアオリイカ。群れで泳いでいるのをみかけた。
沖縄県では3つの型のアオリイカが生息しているため、どの型になるかは不明。

水中のアオリイカ

<シロイカ型> 水深 3m 2013.8.22. 島根県/松江市/島根町 

■水中のアオリイカ

水中のアオリイカ。
白い斑点が散らばる模様は、一見フグの仲間にも見える。

水族館で展示されているアオリイカ

<飼育個体> <アカイカ型> 2013.2.24. 沖縄県/国頭郡/本部町/沖縄美ら海水族館 

■水族館で展示されているアオリイカ

水族館で展示されているアオリイカ。
沖縄県の沖縄美ら海水族館で。アオリイカを知っている人にとっては違和感のある体色に見えるだろう。これがアオリイカ3型のひとつアカイカ型になる。

水族館で展示されているアオリイカ

<飼育個体> <シロイカ型> 2016.9.30. 島根県/出雲市/宍道湖自然館ゴビウス 

■水族館で展示されているアオリイカ

宍道湖自然館ゴビウスで飼育されていたアオリイカ。青のライトに照らされ幻想的な美しさであった。


眼遊記

535 宍道湖自然館ゴビウス ~地元の小さな水族館~
422 島根町 ~アオリイカの幼生~
365 石垣市 ~珊瑚礁でシュノーケリング~
352 島根町 ~やっぱり島根の海もすごい~
312 沖縄美ら海水族館 ~ジンベエザメでかい!~
284 鹿島町 ~ソラスズメダイの撮影に成功!~
175 松江市 ~大アオリイカ~
130 呉市 ~イカ狙い~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。