眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 軟体動物門(Mollusca) >> 頭足綱(Cephalopoda) >> ツツイカ目(Teuthida )
>> ソデイカ科(Thysanoteuthidae) >> ソデイカ属(Thysanoteuthis)

ソデイカ (Rhomboid Squid)

Thysanoteuthis rhombus

ソデイカ (Rhomboid Squid)

<69.0cm 外套長42.5cm> 釣り 2002.12.20. 島根県/松江市/島根町

分布:全世界の温熱帯域 <水深0~250m 海水域>
地方名:どーたりーいか(島根県)、べにいか(島根県)、みのいか(長崎県)

ソデイカは一般の人の目に触れる可能性があるイカの仲間のうち、最も大きな種だろう。外套長といって、いわゆる胴の長さは1mにもなり、重量は10kgを超える。これほどの大きさになるにも関わらず、寿命はなんと1年。生まれたばかりの稚仔は外套長1.5mm程度なので、その成長は驚異的な早さだ。
筆者の住む島根県では、冬季本種が防波堤に近づいてくることがある。大きな体をしているため、遠くからでもすぐにそれと分かる。本種専門の釣り師に出会ったこともある。
視力が非常によく、食欲も旺盛なため、その姿を見つけてから仕掛けを投げると、急に方向転換して仕掛けへ向かって一直線で泳いでいく。ソデイカは滅多にその姿を見せてくれないが、防波堤から10kgクラスの獲物を釣り上げる事ができるとてもスリリングな釣りだ。
ソデイカの外套膜(胴)は非常に厚く、可食部が多い。味はそこそこだが加熱しても柔らかいため、お好み焼きや八宝菜など加熱前提の料理に使用するととても美味しい。

ソデイカの大きさ

手づかみ 2005.10.27. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ソデイカの大きさ

シュノーケリングをしていると、目の前に大きなソデイカが現れたので抱きついた。かなり弱っていたが、まだ生きていた。
外套長は80cmくらいあっただろうか。シュノーケリングでの調査中だっため浜へ置き、調査を続行。その後浜へ戻るとソデイカの姿が跡形もなくなっていた。ふと見上げると荷台にソデイカを縛り付けた自転車が漁港方面へ向かって走っていたであった・・・
嬉しそうなおじいさんの横顔は今でも覚えている。

スーパーで販売されるソデイカ

2012.10.15. 鳥取県産 

■スーパーで販売されるソデイカ

買う人が限られるので滅多に出ることはないが、スーパーで販売されるソデイカをみつけた。
御覧の通り、重量があるためかなり高価だ。

ソデイカのスルメ

2013.8.8. 島根県/隠岐郡/西ノ島町 

■ソデイカのスルメ

ソデイカから作るスルメはものすごいインパクトだ。島根県の隠岐諸島では鮮魚店の店前にソデイカのスルメが置いてあることもある。
もちろん食用というより観賞用。

 

写真提供

学研の図鑑 LIVE 水の生き物
イカ・タコ識別図鑑
P5,33,50,51,78
P5,33,50,51,78

 

眼遊記

348 西ノ島 ~一足先に隠岐ジオパーク堪能~
337 島根大学隠岐臨海実験所 ~うみうしくらぶ磯の勉強会 Day1~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。